スチールコイル用ストレッチ包装機

「スチールコイル用ストレッチ包装機」部分

ストレッチフィルム包装のメリット

ランニングコストが安い

  • クラフト紙、ラミネート、糸入り紙等と比較して非常にランニングコストが安くなります。
  • 包装紙の様に各種サイズの在庫は必要なく、又使用時にサイズに合わせてカットする必要もありません。

密封度が高く錆から守ります。

  • サランラップの様に自己粘着性がある為フィルム同士が重なる事で密着し、密封できます。
  • 外気との遮断が出来る為錆を呼びません。
  • ストレッチフィルムの伸びる性質によりコイルのカーブに沿って密着するので包装された内部に残る空気の量が非常に少ないので結露による錆の心配もありません。
  • 防錆剤を含ませたストレッチフィルムもありますので悪条件では更なる防錆効果も期待できます。

開梱後にかさばらない

  • ポリエチレンフィルムの為開梱後のゴミは紙に比べてコンパクトになります。
  • 従来のラミネート紙、糸入り紙様に紙、PP、PE等が混ざっていては処理が出来ませんでしたがストレッチフィルムはポリエチレンで家庭用ゴミ袋と同様の材質なので非常に処理がし易くなります。

自動化が容易

  • 従来の紙包装機では非常に高価で複雑な装置となっていましたがフィルム包装機はシンプルでコンパクトな設計となっていますので既設ラインへの組み込みも簡単に可能となります。
  • フィルム包装中に外周コーナープロテクター等の自動供給も可能となります。