会社案内

会社案内

会社紹介

シンエイテック株式会社は、創業以来、フェンスとして広く使用されている菱形金網製造機の研究開発にたゆまぬ努力を積み重ねてまいりました。

当初は、 外国製機械が国内市場を席巻していましたが、今日ではその技術力の高さから、国内市場の100%近くを、当社製品が独占するという状況になっています。また、当社の技術は国内だけでなく世界各国に認められ、現在世界40カ国余りに輸出されています。
これらのフェンスは高強度で耐腐食性にすぐれていることにより、落石ネット、養殖生け簀ネットとしても 広く使用されています。

当社はこの他にも、長年に培われたワイヤー加工技術を基に、クリーニング業で使われているカラフルにコーティングしたワイヤーハンガーの自動製造機を開発し、国内市場をほぼ独占、技術力の高さを評価され、海外でも広く使用されています。

さらに一般産業用として熱処理行程、食品加工に使われるメッシュ・コンベア・ベルトのスパラルクロスワイヤーを始め、原子力発電所等、重要保安施設防護用セキュリティ・フェンスの製造機も手掛けています。

ワイヤー製品はそのシンプルさから機能のみを端的に表現しますが、必要最低限の材料から加工でき省資源を極め、また製品の役割は生活環境をも豊かにします。

当社はワイヤー加工機以外にも、タイヤ・スリッターコイル・電線・シャフト等の自動包装機の製造・販売も行っております。当社包装機は、包装作業の省力 化、製品の保護や包装による外観の美化等、製品の付加価値を高める役割があり、その品質の高さは多くのお客様から信頼を頂いております。

シンエイテックは皆様のご期待にお応えできるよう、各種加工機械の開発・製品の品質向上に精進し続けます。今後とも末永いご愛顧、ご支援を賜るよう宜しくお願いします。

会社紹介 会社紹介 会社紹介

会社概要

会社名 シンエイテック株式会社
代表 徳永 吉久
所在地 〒664-0891
兵庫県伊丹市北園3-36-2
TEL 072-784-2815
FAX 072-770-5319
URL http://www.shin-ei-tec.co.jp
E-MAIL info@shin-ei-tec.co.jp
営業品目 ワイヤー加工機製造・販売
自動包装機省力化機械設計製作販売
資本金 1,800万円
設立年月日 昭和46年6月
従業員 14名

会社沿革

昭和44年11月 豊中市北条町にて菱形金網か工業として創業
昭和45年1月 豊中市走井に移転、前代表取締役 飯綱繁男を迎え、菱形金網製造機の製造・販売に着手
昭和46年6月 資本金300万円にて信栄工業株式会社を設立
昭和48年5月 資本金1,200万円に増資
昭和48年7月 西独メッサーシュミット社と技術提携、自動洗車機の製造・販売に着手
昭和50年9月 ワイヤー・ハンガー製造機の製造・販売に着手
昭和51年5月 資本金1,800万円に増資
昭和51年9月 代表取締役 飯綱繁男が退任し、徳永吉久が代表取締役に就任する
昭和53年5月 洗車部門が分離し、信栄エンジニアリングとして信栄工業株式会社本社内発足
昭和58年8月 セキュリティ・フェンス製造機の製造・販売に着手
昭和58年12月 自動包装機及び前コンベアー、自動パレタイザー、反転機の設計・製造・販売に着手
昭和59年6月 SV-7型金網機を完成
昭和60年4月 自動束取機(整列巻)を開発、販売開始
昭和61年4月 大型梱包(広幅コイル)機の開発
昭和61年11月 全自動包装機を開発、販売開始
平成元年6月 スリットコイル吊下げ式自動包装ライン完成
平成3年5月

六角ワイヤー3ヶ所同時結束機完成

平成6年11月 六角整形バー機の下巻テーピングマシン完成
平成8年2月 ウレタンチューブ自動束取結束ライン完成
平成8年4月 シンエイテック株式会社に社名変更、新たな発展を期す

主要取引国

北アメリカ
 アメリカ
 メキシコ
 グァテマラ
 ジャマイカ
 ハイチ

南アメリカ
 コロンビア
 ベネズエラ
 エクアドル
 チリ
 アルゼンチン

ヨーロッパ
 ドイツ
 イギリス
 フランス
 スペイン
 ギリシャ
 イタリア
 オーストリア

アフリカ
 エジプト
 南アフリカ
 ジンバブエ
 ナイジェリア
 レユニオン

中近東
 サウジアラビア
 アラブ首長国連邦
 レバノン
 バーレーン
 クェート
 イラン
 イラク
 ヨルダン
 オマーン
 イエメン
アジア
 インド
 韓国
 台湾
 フィリピン
 シンガポール
 タイ
 マレーシア
 インドネシア

オセアニア
 オーストラリア
 ニューカレドニア
 パプアニューギニア